Parallels、「Parallels Desktop 16 for Mac」を発表 − 「macOS Big Sur」対応など

本日、Parallelsが、Mac向け仮想化ソフト「Parallels Desktop for Mac」の最新版である「Parallels Desktop 16 for Mac」を発表しました。

「Parallels Desktop 16 for Mac」の特徴は「macOS Big Sur」に対応した他、OpenGL 3.2に対応したことから、OpenGL 3.2を必須とする3Dアプリなども利用可能になりました。

また、Windowsの一時領域を開放する機能を自動的に行えるようになった他、Mac側のプリンターをドライバのインストールを必要とせずにそのまま利用可能になっています。

さらに、パフォーマンス面にも改良が加えられており、起動時間が最大2倍、DirectXのパフォーマンスが20%、サスペンドからのレジューム速度が20%、スナップショットへの復旧が30%高速化されています。

なお、公式オンラインストアでの価格は永続ライセンス版の通常版が9,818円、アップグレード版が5,204円となっており、従来モデルと同じく他にもサブスクリプション版やPro Editionなども用意されています。

Parallels Desktop 16 for Mac

[via マイナビニュース

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。