Googleのファイル共有機能「Nearby Share」がMac版Chromeでもテスト的に利用可能に

本日、Googleのファイル共有機能「Nearby Share」がWindowsでもテスト的に利用可能になったことをお伝えしましたが、Macでも同様に利用可能となっています。

「Nearby Share」は、Appleの「AirDrop」のようなデバイス間でのファイル共有機能で、ワイヤレスで画像や動画、URLなどを共有可能で、Androidだけでなく、Windows、macOS、ChromeOSといった複数のプラットドームで利用可能になります。

Windowsと同じく、Macでもウェブブラウザの「Chrome」を介して利用する仕組みで、最新のCanary版とDev版で「chrome://flags」から「Nearby Sharing」を有効化してブラウザを再起動し、「chrome://nearby」にアクセスすることで利用可能です。

筆者の環境ではまだ利用出来ないものの、共有する両方のデバイスのロックが解除された状態で、Bluetoothを有効化し、1フィート(約30センチ)以内に近づけることで利用可能な模様。

スポンサーリンク