Googleの新型スマートスピーカーが日本の技適を通過 − 製品画像も明らかに

本日、Googleの謎のワイヤレスデバイスがFCC(米連邦通信委員会)を通過したことをお伝えしましたが、そのデバイスは新型スマートスピーカーであることが分かりました。

これは同デバイスが日本の技術基準適合証明(技適)を通過したことから明らかになったもので、FCCと同じモデル名が「GXCA6」のデバイスが通過しています。

また同時に製品画像も公開されており、「Google Home」や「Nest」シリーズと同じファブリックを採用したデザインが特徴で、「Google Home Max」を小型化して垂直に立てたような外観となっており、ミュートスイッチと電源ジャックがあることが確認出来ます。

以前に、Googleは「Prince」というコードネームで呼ばれている「Nest」ブランドの新しいスマートスピーカーを発表する予定との情報がありましたが、恐らくこの「GXCA6」が「Prince」のことで間違いなさそうです。

[via The Verge

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。