「Google Pixel 4a」が台湾NCCの認証を通過 − バッテリー容量などが確認される

先日のFCC(米連邦通信委員会)やシンガポールのIMDAなどに続き、Googleの「Pixel 4a」が台湾の国家通訊伝播委員会(National Communications Commission:NCC)の認証を通過したことが分かりました。

また、NCCが公開した資料から、「Pixel 4a」が3,140mAhの容量のバッテリーを搭載していることが確認され、「Pixel 4」の2,800mAhや「Pixel 3a」の3,000mAhよりも容量が大きくなっています。

また、「Pixel 4」と同じ18Wの急速充電器を同梱することも確認された他、台湾で認証を通過したのは「G025J」というモデルで、FCCを通過したものと同じモデルとなっています。

「Google Pixel 4a」は7月13日に発表されると言われており、昨日には前モデルである「Pixel 3a」の販売が米国で終了され、発売に向けて準備が進められているようです。

[via WCCFTech

「Google Pixel 4a」、FCCに続き、シンガポールやインドの認証機関を通過

「Google Pixel 4a」がFCCを通過