「iPhone 12」シリーズは4G版と5G版が用意される??

中国のIT時報が、「iPhone 12」シリーズは4G版と5G版が用意されるようだと報じています。

これは「iPhone」の組み立てを請け負うPegatronの中国上海工場「昌碩」の従業員の話として報じられているもので、同工場では「iPhone 12」「iPhone 12 Max」「iPhone 12 Pro」の3モデルのサンプル品の生産が行われているようです。

また、これら「iPhone 12」シリーズには4G版と5G版が用意され、4G版と5G版ではロジックボードの大きさが異なっているとのこと。

さらに、「iPhone 12」シリーズは、本来は3月に行う予定だった技術検証試験(EVT)が終わったばかりの状況で、量産までには設計検証試験(DVT)と、生産検証試験(PVT)を行う必要があり、新型コロナの影響で本来の予定より1〜2ヶ月の遅れが発生していることから、量産は早ければ9月、遅ければ10月になる可能性があり、もし9月に発売されたとしても品不足が発生すると予想されています。

[via EMSOne

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。