Facebook、iOS向け公式アプリでのダークモードのサポートをごく一部のユーザーから展開開始

9To5Macによると、Facebookが、iOS向け公式アプリでダークモードのサポートを一部ユーザーから提供し始めていることが分かりました。

同社のアプリとしては、既にMessengerやInstagramではダークモードが導入されているのものの、本家のFacebookアプリはまだダークモードに対応していませんでした。

iOS版Facebookアプリでのダークモードは、現時点ではごく一部のユーザーのみ利用可能になっており、利用可能なユーザーは「メニュー>設定とプライバシー」の中にダークモードの切り替えボタンが登場しているようです。

Facebookも同機能を一部ユーザーに展開していることを認めているものの、全ユーザーにいつ展開されるのかは不明で、デザインに変更が加えられる可能性や、複数の異なるオプションをテストしている可能性があります。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。