「iOS 14」ではアクセシビリティで「サウンド認識」機能が利用可能に

本日、「iOS 14」が発表されましたが、その「iOS 14」ではアクセシビリティに「サウンド認識」の機能が追加されます。

「サウンド認識」の機能は、「iPhone」で特定のサウンドを継続的に聞き取り、デバイス上の人口知能を使用して、サウンドの認識が可能な場合に通知を試みるといった機能で、認識するサウンドには炎、サイレン、煙といったものから、猫や犬、車のクラクション、ドアの呼び鈴、ドアのノック、水の出しっ放し、赤ん坊の鳴き声、叫び声などが用意されています。

実際のデモ映像が下記動画で、音に気付かない時などに通知してくれるので、聴覚に障害がある方向けの機能となっています。

[Feature] something I found in iOS 14 called sound recognition. It alerts the user if the iPhone detects a sound you want it to listen out for. from r/iOSBeta

[via PhoneArena

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。