Apple、「iOS 14」を発表 − ホーム画面を刷新

本日、Appleが、「WWDC20」の基調講演において、「iOS 14」を正式に発表しました。

「iOS 14」の特徴や新機能をまとめると下記の通り。

ホーム画面

・自動的にホーム画面のアプリケーションを整理する「App Library」機能
・Widgetをアプリアイコンと並べて表示可能に
・ピクチャーインピクチャー(PIP)機能を導入

Siri

・デザインを刷新

「翻訳」アプリ

・すべてオフラインで動作可能
・日本語を含む、11言語に対応

メッセージ

・ピン留め機能、新しいMemojiのスタイル、インライン返信機能、メンション機能などを搭載

マップ

・イギリス、アイルランド、カナダで新しいマップが利用可能に
・サイクリングのナビ機能を搭載
・電気自動車向けの各種情報表示やルート機能を搭載

CarPlay

・壁紙が変更可能になり、新たなカテゴリのアプリが利用可能に

CarKey

・「iPhone」を車の鍵として利用可能(iOS 13でも利用可能)
・新しいBMW 5シリーズから利用可能で、順次対応車両は増える予定
・鍵の共有なども簡単に可能で、紛失した場合は「iCloud」経由で消去可能

App Store

・必要なアプリを簡単に探せる「App Clips」機能を導入

iPadOS

・各種アプリにサイドバーを追加し、ツールバーも刷新
・Siriのデザインを刷新、画面右下に小さく表示されるように
・着信の通知が小型化
・アプリ、ファイル、ウェブなど全てを検索が可能な「ユニバーサル検索」機能を導入
・「Apple Pencil」での手書き機能の強化、手書き入力をテキストに自動変換する「Scribble」機能など

AirPods

・デバイス間でAirPods接続の自動切り替えが可能に
・映画館のようなサウンドを実現してくれる「Spacial Audio」機能

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。