「iPhone 12 Pro」の図面が流出?? − エッジ部分は丸みを帯びているとの情報も

cnBetaによると、中国のWeiboにて「iPhone 12 Pro」のものとされる図面が公開されていることが分かりました。

ただ、この画像を公開している李昂昂昂啊氏によると、この図面にはまだ多くの間違った箇所があるとのこと。

図面を見る限りでは「iPad Pro」のように角張ったエッジと平らな側面のデザインが確認出来ますが、同氏曰く、「iPhone 12」は完全に角張ったエッジではなく、エッジ部分は「iPhone 11」シリーズと同じようにカーブを描いているようです。

真偽の程の不明ですが、「iPhone 12」のデザインは、「iPhone 11」と「iPad Pro」を足して2で割ったように、ディスプレイからエッジ部分は少し丸みを帯びていて、側面は「iPad Pro」のような平らなデザインになっているということでしょうか。

なお、この図面のデザインに似た形状のCAD画像やモックアップが最近になって出回っていますが、著名リーカーのJon Prosser氏がそれらは2019年12月時点でのデザインで偽物だと報告しており、もしかしたら上述したようなデザインが最終デザインなのかもしれません。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。