2019年度国内タブレット端末出荷実績 − メーカー別シェアでAppleが10年連続で1位に

MM総研が、2019年度通期(2019年4月~2020年3月)の国内タブレット端末出荷台数の調査結果を発表し、出荷台数は707万台で前年度比10.4%減と2連続の減少となり、2013年度以降では最少となったことが分かりました。

前年度比減となった理由は、携帯キャリアによるタブレットの取扱いが前年度よりも更に消極的となった背景が響いた為とみられており、2020年度の出荷台数は、コロナ禍による休校を受けた児童生徒向けの需要増や5G対応タブレットの登場などにより、前年度比11.7%増の790万台と見込まれています。

また、2019年度のメーカー別出荷台数・シェアは Appleが375万台(シェア53.0%)で1位となり、日本でタブレット端末が登場した2010年度から10年連続で1位を獲得しています。

2位はHuaweiで79.2万台(同11.2%)、3位はNECレノボグループで60.9万台(8.6%)、4位は富士通で47.5万台(6.7%)、5位はMicrosoftで41.4万台(5.9%)の順となりました。

さらに、OS別シェアでは、iOSが375万台(シェア53.0%)と2年連続で1位を獲得し、2位はAndroidで199万台(28.1%)、3位はWindowsで133万台(18.8%)となり、Androidのシェアは2012年度以降では最低で、200万台を切るのは2011年度以来8年ぶりとのこと。

[出典:MM総研, via ケータイWatch

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。