Apple、ベルギーとオランダでも車両を使った地図データの収集作業を開始へ

Appleは以前より欧米や日本などの一部の国で車両や徒歩で地図データの収集作業を実施していますが、MacRumorsによると、今月から新たにベルギーとオランダでも車両を使用した地図データの収集作業が開始されることが分かりました。

ベルギーとオランダでは6月中に作業が開始される予定で、収集したデータはAppleマップの品質向上や、Look Around機能に使用されます。

車両を使用した地図データの収集は2015年より実施されており、現在までにアメリカ、カナダ、イギリス、アイルランド、イタリア、フランス、スペイン、スウェーデン、スロベニア、ポルトガル、クロアチア、日本、アンドラ、プエルトリコの一部の都市で実施されています。

Appleマップの画像収集作業について – Apple