次期「iPad Pro」は来年前半に登場か − A14Xチップ、ミニLEDディスプレイ、5G対応が特徴に??

次期「iPad Pro」は「A14X」チップを搭載し、ミニLEDバックライトディスプレイや5G通信機能を搭載し、来年第1四半期から第2四半期に登場する予定であることが分かりました。

これは著名リーカーの有没有搞措氏(@L0vetodream)が、同じく著名リーカーのFudge氏(@choco_bit)の情報にかぶせるように情報を投稿し明らかになったもので、次期「iPad Pro」のコードネームは「J517」と「J522」で、ディスプレイサイズが変わるのかどうかは不明ですが、「J517」が11インチモデル、「J522」が12.9インチモデルになる模様。

来年第1四半期から第2四半期とのことなので、来年3月に発表される可能性が高そうです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。