著名リーカー、来年発売の「iPhone 13」が4眼カメラになるとの情報を否定

先日、来年発売の「iPhone 13」では4眼カメラとLiDARセンサーが採用されるとの情報を紹介しましたが、本日、著名リーカーのJon Prosser氏がその情報を否定しています。

先日の情報は著名リーカーのFudge氏が報じたもので、Fudge氏曰く、「iPhone 13」のリアカメラは、4つのレンズとLiDARセンサーを搭載し、その詳細が下記の通りになるとのことでした。

  • 6400万画素広角レンズ(広角1倍の光学ズームと6倍のデジタルズーム)
  • 4000万画素の望遠レンズ(光学3〜5倍ズームと15〜20倍デジタルズーム)
  • 動画撮影用の6400万画素のアナモフィックスレンズ(縦横比2.1:1)
  • 4000万画素の0.25倍超広角レンズ
  • LiDAR 4.0センサー

しかし、Jon Prosser氏によると、この情報は間違っており、「iPhone 13」(iPhone 12Sになる可能性も)のリアカメラのレイアウトは「iPhone 12」と同じになるとのこと。

なお、これまでの情報では、「iPhone 12」はハイエンドモデルに3眼カメラとLiDARセンサーが搭載されると言われています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。