Apple、「AirPods」に光センサーを搭載か

MacRumorsによると、DigiTimesが、Appleは将来的に「AirPods」に光センサーを搭載することを検討していると報じていることが分かりました。

Appleは今後1〜2年で発売する次世代「AirPods」に光センサーを搭載することを検討しており、台湾のASE Technologyが部品の開発を進めている模様。

この光センサーがどのような役割を果たすのかまでは記載されていないものの、心拍数や血中酸素飽和度などの測定に利用するのではないかと予測されており、血中酸素飽和度は血管に赤色の光を当て、透過した光の量に基づいて血液中の酸素量を測定するそうで、そのセンサーは心拍数の測定にも流用可能とのこと。