「Google マップ」、車椅子対応の場所を簡単に検索・表示可能に

Googleが、「Google マップ」で車椅子対応の場所を簡単に探せるようになったことを案内しています。

新たに「車椅子対応の場所」機能が追加され、バリアフリー対応状況を検索結果と「Google マップ」でよりわかりやすく表示できるようになり、「車椅子対応の場所」 を有効にすると、車椅子対応の入り口が車椅子のアイコンで表示され、バリアフリーの座席、トイレ、駐車場があるかどうかを確認出来る他、車椅子対応の入り口がないと確認された場所については、その情報もマップに表示してくれます。

車椅子対応の情報をよりわかりやすく「Google マップ」に表示するには、アプリを最新バージョンに更新し、「設定」で 「ユーザー補助設定」 を選択し、「車椅子対応の場所」 を有効にすることで利用可能になります。

なお、本機能はAndroidとiOSで利用可能で、日本、アメリカ、イギリス、オーストラリアのユーザー向けに随時提供が開始され、その他の国についても今後順次展開していく予定とのこと。

align=”center”

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。