Microsoft、「Windows Terminal」の正式版を公開

本日、Microsoftが、オープソースのコマンドラインアプリ「Windows Terminal」の正式版である「Windows Terminal 1.0」を公開しました。

「Windows Terminal」は、昨年の開発者向けカンファレンス「Build 2019」で発表された新しいターミナルアプリで、複数のタブで「コマンド プロンプト」や「PowerShell」、WSL/Linuxのシェルを切り替えられるのが特徴で、他にもUTF-16/UTF-8両対応のテキストバッファーやDirectWrite/DirectXベースのテキストレンダリングエンジンを備えており、日中韓(CJK)のフォントや絵文字を含むUnicodeを完全にサポートしています。

なお、Microsoft StoreGitHubから入手可能で、7月から毎月アップデートが提供されるとのこと。

Microsoft Store
GitHub

[via Microsoft

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。