Adobe、iPad向け「Photoshop」と「Fresco」に多数の機能を追加

本日、Adobeが、iPad向けの「Photoshop」と「Fresco」をアップデートし、多数の新機能を追加しました。

両アプリともアップデートによりバージョン1.6.0となり、「Photoshop」はカーブの調整レイヤー機能が追加され、画像の色調範囲全体でポイントを調整できるようになった他、Apple Pencilの感度がPhotoshop内で調整できるようになり、これによりApple Pencilの感度の強弱を、ブラシのように好みの設定に変更でき、アプリの設定ダイアログにてスライダーを使って設定可能です。

また、32ビットファイルのテキストレイヤーを編集した際に発生するバグが修正された他、新しいiOS標準規格に合わせてツールバーの機能が更新され、より簡単でスムーズに使用できるようになっています。

「Fresco」は、シェイプ、マルチカラースポイト、混合ブラシ、タッチショートカット、ベクタートリミング、速度テーパー、ルーラーの測定など、多数の機能が追加された他、オイルブラシ用のカラー混合が改善されています。

なお、アップデートはApp Storeより可能です。

Adobe Photoshop

Adobe Photoshop

Adobe Inc.無料

Adobe Fresco - スケッチ・ペイントアプリ

Adobe Fresco – スケッチ・ペイントアプリ

Adobe Inc.無料

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。