Microsoft、OEMに対し「Windows 10」の32bitビルドの提供を終了

現在、「Windows 10」は32bitと64bitの両方のプロセッサアーキテクチャで実行することが出来ますが、MicrosoftがOEM向けに「Windows 10」の32bitのサポートを段階的に廃止し始めたことが分かりました。

Microsoftは「ハードウェアに最低限必要な条件」の内容を更新し、セクション3.1の項目で”「Windows 10 May 2020 Update(バージョン2004)」以降、全ての新しい「Windows 10」を搭載したシステムは64bitビルドを使用する必要があり、OEM向けには32bitビルドを配布しなくなります。”と案内されています。

ただ、引き続き、32bit版OSのユーザーをサポートし、セキュリティアップデートと機能アップデートの両方の提供を継続することも案内されています。

この動きからすぐに32bitのサポートが廃止されるということはなさそうですが、将来の廃止に向け徐々に動き始めたのは確かなようです。

[via Windows Latest

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。