Microsoft、OEMに対し「Windows 10」の32bitビルドの提供を終了

現在、「Windows 10」は32bitと64bitの両方のプロセッサアーキテクチャで実行することが出来ますが、MicrosoftがOEM向けに「Windows 10」の32bitのサポートを段階的に廃止し始めたことが分かりました。

Microsoftは「ハードウェアに最低限必要な条件」の内容を更新し、セクション3.1の項目で”「Windows 10 May 2020 Update(バージョン2004)」以降、全ての新しい「Windows 10」を搭載したシステムは64bitビルドを使用する必要があり、OEM向けには32bitビルドを配布しなくなります。”と案内されています。

ただ、引き続き、32bit版OSのユーザーをサポートし、セキュリティアップデートと機能アップデートの両方の提供を継続することも案内されています。

この動きからすぐに32bitのサポートが廃止されるということはなさそうですが、将来の廃止に向け徐々に動き始めたのは確かなようです。

[via Windows Latest

1 COMMENT

匿名

32ビット版アプリとか影響ないかだけ気になる。

現在コメントは受け付けておりません。