「iPad Pro」向け「Magic Keyboard」のUSB-Cポート、一部のサードパーティ製電源アダプタやケーブルではパススルー充電が利用出来ない模様

「iPad Pro」向けの「Magic Keyboard」はヒンジ部分にUSB-Cポートを搭載しており、「iPad Pro」のパススルー充電が可能ですが、一部のユーザーから、一部のサードパーティ製ケーブルや電源アダプタを利用した際に正常に充電出来ないとの報告されていることが分かりました。

MacRumorsによると、サードパーティ製の電源アダプタやケーブルを利用した際に、「充電されていません」と表示され、正常に充電出来ない事例が報告されているそうです。

例としては、Ankerの「PowerPort Atom」とAppleの純正ケーブルを利用した場合に正常に充電出来なかったことが確認されており、他にも、Ankerの電源アダプタとケーブルの組み合わせや、Mophieのケーブルを利用した際も同様の事例が報告されています。

ただ、問題なく使用出来ている場合もあり、これがApple側の問題なのか、サードパーティメーカー側の問題なのかは不明で、MacRumorsももう少し調査が必要と述べています。

iPad Pro用「Magic Keyboard」のUSB-Cポートは充電専用

1 COMMENT

hemi

同様の症状が出ています。
充電器がUSB-Aの場合、iPadが満充電ではない時にこの症状が出ます。
100%の状態で接続すれば充電され概ね100%を維持しますが、映像処理等負荷のかかる作業では100%を維持できずに減っていき、また充電できなくなります。
iPad本体に直接充電ケーブルを挿せば問題なく充電できるので、充電器がUSB-Aしかない場合は本体直接、供給電力に余裕のあるUSB-C充電器の場合にはMagic Keyboardから充電という使い方に現在なっています。

現在コメントは受け付けておりません。