Apple、ベトナムで「AirPods」を生産へ − 新型「AirPods」は遅れるとの情報も

Nikkei Asian Reviewが、詳しい情報筋の話として、Appleは今四半期(2020年4〜6月)よりベトナムで「AirPods」の量産を開始する予定だと報じています。

現在、「AirPods」シリーズは中国で生産されていますが、ベトナムで生産されるのは「AirPods」のみで「AirPods Pro」は引き続き中国での生産となるようで、今期の「AirPods」の生産台数の約30%に当たる300〜400万代がベトナムで生産される予定で、3月から既に量産開始済みとの情報もあるようです。

また、新型コロナウィルスが「AirPods」シリーズの需要にも影響しており、Appleはサプライヤーに対し、2020年上半期の生産量を1月に発注した当初の約4,500万台から10%以上減らすよう指示しているようで、今年後半に「AirPods」のアップデート版を発売する計画も新型コロナウィルスの影響で遅れが生じているそうです。

新型「AirPods」に関する噂は多数あり、早ければ今月にも新型「AirPods」が発表されると言われており、今月に発表されると言われているモデルと上述したアップデート版が同じモデルのことを指しているのかは不明です。

ttps://taisy0.com/2020/05/06/121381.html

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。