「MacBook Pro 13インチ (2020)」の上位モデルのベンチマークスコアが明らかに

先日、Appleが「MacBook Pro 13インチ (2020)」を発表・発売しましたが、その「MacBook Pro 13インチ (2020)」の上位モデルである「MacBook Pro (13-inch, 2020, Four Thunderbolt 3 ports)」のベンチマークスコアが明らかになりました。

「MacBook Pro (13-inch, 2020, Four Thunderbolt 3 ports)」には、Intelの第10世代Core i5プロセッサである「Core i5-1038NG7」が搭載されていますが、GeekBenchのベンチマークスコアはシングルコアは1271、マルチコアは4489で、OpenCLスコアは8327となっています。

2019年モデルのフルスペック版(Core i7-8569U搭載)のスコアが、シングルコアは1105、マルチコアは4198であることから、7〜15%の性能向上となっています。

ただ、あくまでまだGeekbenchが正式に対応していないことや、シングルコアのスコアが「Mac Pro (Late 2019)」を含む全てのMacよりも上回ってしまっていることから、Geekbenchの正式発表を待った方が良さそうです。

なお、「MacBook Pro 13インチ (2020)」の機種IDは、「MacBookPro16,2」がThunderbolt 3を4つ搭載した上位モデル、「MacBookPro16,3」がThunderbolt 3を2つ搭載した下位モデルとなっています。

MacBook Pro 13インチ – Apple
Mac Benchmarks – Geekbench

[via Twitter