Microsoft、バーチャルイベントとなった「Build 2020」の参加登録を受付開始

米Microsoftは新型コロナウィルスの感染拡大により今月開催予定だった開発者会議「Build 2020」を中止し、バーチャルイベントとして開催することを案内していましたが、本日、そのバーチャルイベントの参加登録の受付が開始されました。

イベントのセッションは全て無料で視聴可能で、登録することにより質疑応答セッションに参加出来るようになります。

また、基調講演は通常よりも短くなり、一部のセッションは事前に録画したものとなりますが、対話を促進するためにライブで行われるセッションも用意されるようです。

なお、「Build 2020」のバーチャルイベントは現地時間の5月19日〜20日に開催され、登録や詳細は下記リンク先より可能です。

Build – Microsoft

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。