「Surface Go 2」のLTEモデルとみられるデバイスがFCCを通過

先日、「Surface Go 2」とみられるデバイスがFCC(米連邦通信委員会)を通過したことをお伝えしましたが、今度は「Surface Go 2」のLTE対応モデルとみられるデバイスがFCCの認証を通過しました。

今回公開された資料からLTEモデルが用意されることに加え、Wi-Fi 6をサポートすることも確認されており、搭載されるIntel製のワイヤレスネットワークアダプタ「Wi-Fi 6 AX200」はBluetooth 5.0もサポートしています。

また、以前にFCCを通過していたのはモデルナンバーが「1927」のモデルで、今回は「1926」となっています。

なお、「Surface Go 2」はディスプレイ周りのベゼルが狭くなり、より大きな10.5インチディスプレイを搭載し、解像度も1800×1200から1920×1280へと変更され、CPUにはIntel Pentium GOLD 4425YとIntel Core m3-8100Yが採用されています。

[via Windows Latest

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。