Apple、「iPhone 12」の量産開始を1ヶ月延期か

The Wall Street Journalが、複数の関係者の話として、Appleが今年発売する新型「iPhone」の量産開始を1ヶ月延期するようだと報じています。

これは新型コロナウイルスの影響で個人の需要が世界的に鈍っているほか、家電のサプライチェーンの心臓部に当たるアジアでの生産が混乱している為だそうです。

例年、新型「iPhone」は夏に量産が開始され、9月に発表および発売されており、量産開始の遅れにより発売が延期されるのかどうかは不明ですが、発売当初は品不足になる可能性があるとみられています。

なお、新型「iPhone」のラインナップについては、これまでの噂通り、5.4インチが1モデル、6.1インチが2モデル、6.7インチが1モデルの計4モデルが準備されており、全てのモデルが有機ELディスプレイを採用し、5G通信に対応するとのこと。