「iPhone SE Plus」は2021年後半に発売か − 全面ディスプレイと電源ボタン内蔵型のTouch IDを採用??

昨日、「iPhone SE Plus」の発表は来年3月になるかもしれないとお伝えしましたが、MacRumorsによると、Apple関連の情報では定評のあるアナリストのMing-Chi Kuo氏が、「iPhone SE Plus」の発売は2021年後半になるかもしれないと報告していることが分かりました。

同氏は以前に「iPhone SE Plus」は2021年前半に発売されると予測していましたが、現在は2021年後半まで延期される可能性が高いと考えているようです。

「iPhone SE Plus」は「iPhone 11」シリーズのような全面ディスプレイのデザインで、5.5インチもしくは6.1インチのディスプレイを採用する予定とのことですが、Face IDは採用せず、本体側面の電源ボタンにTouch IDを内蔵する模様。

また、Face IDが搭載されない為、ディスプレイ上部のノッチは小さくなるとのことで、この話が正しければ、「iPhone SE Plus」は「iPhone SE (第2世代)」の大型モデルというよりは「iPhone 11」シリーズなどの全面ディスプレイモデルの廉価版といった位置付けになるのかもしれません。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。