「iPhone SE Plus」は2021年後半に発売か − 全面ディスプレイと電源ボタン内蔵型のTouch IDを採用??

昨日、「iPhone SE Plus」の発表は来年3月になるかもしれないとお伝えしましたが、MacRumorsによると、Apple関連の情報では定評のあるアナリストのMing-Chi Kuo氏が、「iPhone SE Plus」の発売は2021年後半になるかもしれないと報告していることが分かりました。

同氏は以前に「iPhone SE Plus」は2021年前半に発売されると予測していましたが、現在は2021年後半まで延期される可能性が高いと考えているようです。

「iPhone SE Plus」は「iPhone 11」シリーズのような全面ディスプレイのデザインで、5.5インチもしくは6.1インチのディスプレイを採用する予定とのことですが、Face IDは採用せず、本体側面の電源ボタンにTouch IDを内蔵する模様。

また、Face IDが搭載されない為、ディスプレイ上部のノッチは小さくなるとのことで、この話が正しければ、「iPhone SE Plus」は「iPhone SE (第2世代)」の大型モデルというよりは「iPhone 11」シリーズなどの全面ディスプレイモデルの廉価版といった位置付けになるのかもしれません。

「iPhone SE Plus」は来年3月に発表か

3 COMMENTS

匿名

最近、Ming-Chi Kuo氏は外れが多くないですか?

匿名

所詮はアナリストだからね
Prosserのような一次ソースからのガチリークとは違う

匿名

指紋とノッチレス、ホームボタンであえてSEを買う層は居ると思うが、最大の要因は価格だから、Plusだと少なくとも1万円は定価上がって6万にもなると思うと流石に11買うと思う。

現在コメントは受け付けておりません。