「Surface Go 2」は10.5インチディスプレイを搭載 − 来月発表か

Microsoftはまもなく新型「Surface Go」こと「Surface Go 2」を発表するとみられていますが、Windows Centralが、問題に精通した情報筋の話として、「Surface Go 2」はより大きな10.5インチディスプレイを搭載すると報じています。

本体サイズは現行モデルから変わらないものの、ベゼルが狭くなり、ディスプレイのサイズが現行の10インチから10.5インチへと拡大されるとのことで、解像度も1800×1200から1920×1280へと変更されます。

ただ、本体のシャーシは寸法やポートの配置などを含めて現行の「Surface Go」と同じであることから、「Surface Go」用のアクセサリは「Surface Go 2」でも利用可能とみられています。

これまでに分かっている「Surface Go 2」の仕様は下記の通り。

・OS:Windows 10 Home(Sモード)
・ディスプレイ:10.5インチ(1920×1280)
・CPU:Intel Pentium GOLD 4425Y / Intel Core m3-8100Y
・GPU:Intel HD Graphics 615 / Intel UHD Graphics 615
・RAM:4GB / 8GB
・ストレージ:64GB eMMC / 128GB SSD
・ポート:USB-C、3.5mmヘッドホンジャック、Surface Connect、microSD
・カラー:プラチナ
・価格:399ドルから

なお、発表時期については、5月に発表されるとの情報があるそうです。

「Surface Go 2」のラインナップの詳細が明らかに

「Surface Go 2」とみられるデバイスがFCCを通過