Apple、「Mac Pro (2019)」向けに「AMD Radeon Pro W5700X」の提供を開始

本日、Appleが、「Mac Pro (2019)」のカスタマイズオプションとしてMPXモジュールのグラフィックス「AMD Radeon Pro W5700X」の提供を開始しました。

「AMD Radeon Pro W5700X」は16GB GDDR6メモリを搭載し、AMDの新しいRDNAアーキテクチャをもとに作られ、最大9.4テラフロップスの単精度または最大18.9テラフロップスの半精度の演算性能を持っています。

なお、価格はCTOオプションの場合は標準仕様からだと1枚で60,000円(税別)、2枚で160,000円(税別)となっており、後から追加したいユーザーの為に単体でも1枚100,000円(税別)で販売が開始されています。

Mac Pro
Radeon Pro W5700X MPX Module – Apple

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。