Microsoft、「Windows 10 build 19041.207 (20H1)」をSlowリング向けにリリース

本日、米Microsoftが、「Windows Insider Program」において”Slow”リングを選択しているユーザーに対し「Windows 10 build 19041.207 (20H1)」をリリースしました。

「20H1」は「Windows 10」向け次期機能アップデートで、本日リリースされたビルド「19041.207(KB4550936)」は累積的な更新プログラムとなっており、品質の改善が含まれていて、リモート プロシージャ コール (RPC) サービスが予期せず終了し、デバイスが機能しなくなる問題や、リアカメラを搭載したデバイスでリアカメラのフラッシュが期待通りに動作しない不具合などが修正されています。

なお、対象のユーザーはWindows Updateよりアップデート可能です。

Microsoft

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。