「HomePod」、最新のアップデートで「tvOS」ベースに移行していたことが明らかに

先日、Appleが「HomePod」向けに最新のソフトウェアアップデート「HomePodソフトウェア 13.4」をリリースしましたが、9To5Macが、その最新のファームウェアを分析したところ、バージョン13.4以降は「iOS」ではなく「tvOS」ベースに変更されていたことが分かりました。

「tvOS」と「watchOS」と「HomePodソフトウェア」は基本的には「iOS」ベースのため、これらのOSは全て同じベースを共有しているのですが、それぞれのデバイス向けに異なったインターフェイスや設定、APIを搭載しています。

「HomePodソフトウェア 13.4」はこれまでのバージョンと異なり「tvOS」から派生したものであり、同じ「iOS」が基になっているので、特に使用方法などに変化はありません。

何が違うかというと、まず1つ目は「iOS」は内蔵バッテリーに依存するデバイス向けに設計されており、「tvOS」とは電力消費を管理する方法が「tvOS」と異なっており、iPhoneやiPadほど消費電力を削減するための多くの機能を必要としない為、「tvOS」ベースにすることで余分な作業やコードを削減することが可能です。

2つ目は、次期iOSの「iOS 14」では「A8」チップを搭載したデバイス(「iPad Air 2」や「iPad mini 4」)のサポートを終了する可能性が高く、「HomePod」は「Apple TV (第4世代)」と同じく「A8」チップを搭載していることから、サポート継続の為、「iOS」ではなく「tvOS」ベースにしたのではないかとみられています。

さらに、「HomePodソフトウェア 13.4」のコード内からは2種類の新モデルとみられるデバイスに関する記述が見つかっており、詳細は不明であるものの、新型「HomePod」と昨日に情報のあったより小型の「HomePod mini」ではないかと予想されます。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。