「iPhone 12」シリーズの一部は「iPad Pro」のようなデザインを採用か − より小型の「HomePod」も発売予定

本日、Bloombergが、計画に詳しい関係者の話として、次期「iPhone」こと「iPhone 12」のハイエンドモデルのデザインは「iPad Pro」のようなデザインになると報じています。

「iPhone 12」シリーズでは最大4機種が5G通信に対応する予定で、「iPhone 11 Pro」シリーズの後継モデルの他、普及価格帯の2モデルが投入され、計4モデル構成になり、その中で、少なくともハイエンドの「iPhone 12 Pro」と「iPhone 12 Pro Max」は現行モデルのような曲線デザインではなく、「iPad Pro」のようなフラットなステンレススチールを採用したデザインになるとのことで、ディスプレイ自体もエッジ部分がカーブしていないフラットなものが採用されるそうです。

また、「iPhone 12 Pro」シリーズには3眼カメラとLiDARセンサーが搭載され、ディスプレイ上部のノッチは小型化される可能性があるとのこと。

さらに、スマートスピーカーの「HomePod」の小型モデルが2020年第2四半期に発売予定で、現行モデルと同じデザインが採用されるものの、大きさが半分くらいになるようです。

他にも、以前より噂されている紛失防止タグ 「AirTag」 は近いうちに発売され、「MacBook Pro」、「Apple TV」、「iPad」、「iMac」の新型モデルについても2020年内に発売されるようです。

2 COMMENTS

匿名

11の後継機は曲線デザインのままで、ノッチも小型化しないって事なのかな?

現在コメントは受け付けておりません。