「Surface Go 2」とみられるデバイスがFCCを通過

Microsoftは近いうちに「Surface Book 3」と「Surface Go 2」を発表すると噂されていますが、本日、その「Surface Go 2」とみられるデバイスがFCC(米連邦通信委員会)の認証を通過したことが分かりました。

公開された資料から名称などは明らかになっていないものの、「Windows 10 Pro」を実行するMicrosoft製のポータブルコンピューティングデバイスとなっており、Geekbenchのベンチマークスコアに表示されたのと同じ「EV2」のコードネームが付けられています。

「Surface Go 2」の詳細はまだ不明ですが、内部仕様のアップグレードになるとみられており、Intel Core m3-8100Yを搭載したモデルと、Intel Pentium 4425Yを搭載したモデルが用意され、過去に分かっている仕様は下記の通り。

【標準モデル】
・CPU:Intel Pentium 4425Y(1.70GHz/2コア/4スレッド)
・GPU:Intel UHD 615
・RAM:8GB
・SSD:128GB

【上位モデル】
・CPU:Intel Core m3-8100Y(1.10GHz/TB時3.4GHz/2コア/4スレッド)
・GPU:Intel UHD 615
・RAM:8GB
・SSD:256GB

[via Windows Central

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。