Apple、米国で新型コロナウィルスの自己診断アプリとサイトを公開

米Appleが、新型コロナウィルス(COVID-19)に感染しているかどうかを自己診断するためのサイトとアプリを米国のユーザー向けに公開しました。

これらツールは、疾病管理予防センター(CDC)とホワイトハウスと連邦緊急事態管理庁(FEMA)と共同開発したもので、質問に答える形で自己診断をおこなうことが可能です。

また、感染を防ぐ為の方法といった情報なども閲覧可能です。

Apple COVID-19 – App Store
Apple COVID-19(ウェブ版)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。