Apple、「watchOS 6.2」を正式にリリース

本日、Appleが、「watchOS 6.2」を正式にリリースしました。

このアップデートにより、「Apple Watch」アプリのアプリ内課金に対応する他、Wi-FiからBluetooth接続に切り替えると音楽の再生が一時停止することがある問題が修正されます。

また、チリ、ニュージーランと、トルコの3カ国で心電図アプリが利用可能になりました。

なお、アップデートは「iPhone」の「Watch」アプリの「マイウォッチ>一般>ソフトウェア・アップデート」より可能です。