Apple、「watchOS 6.2」を正式にリリース

本日、Appleが、「watchOS 6.2」を正式にリリースしました。

このアップデートにより、「Apple Watch」アプリのアプリ内課金に対応する他、Wi-FiからBluetooth接続に切り替えると音楽の再生が一時停止することがある問題が修正されます。

また、チリ、ニュージーランと、トルコの3カ国で心電図アプリが利用可能になりました。

なお、アップデートは「iPhone」の「Watch」アプリの「マイウォッチ>一般>ソフトウェア・アップデート」より可能です。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。