新型「MacBook Air」のベンチマークデータが明らかに − Core i5モデルは旧型より最大で76%性能向上

Sixcolorsが、先日発売された「Macbook Air (2020)」のGeekBenchのベンチマークデータを公開しています。

「Macbook Air (2020)」は、Intelの第10世代CoreプロセッサであるCore i3 1.1GHz(デュアルコア)、Core i5 1.1GHz(クアッドコア)、Core i7 1.2GHz(クアッドコア)の3つのプロセッサを搭載していますが、今回ベンチマークデータが明らかになったのはミッドレンジモデルとなる”Core i5 1.1GHz”を搭載したモデルで、シングルコアのスコアは1,047、マルチコアのスコアは2,658となり、旧モデルの「MacBook Air (2018)」のCore i5搭載モデルと比較して最大76%も性能が向上していることが分かりました。
(前モデルである2019年モデルと今回比較が行われた2018年モデルはプロセッサは同じものを搭載)

これにより、2019/2018年モデルを使っているユーザーでもプロセッサの性能向上とMagic Keyboardの搭載による買い替えを検討しても良いレベルかもしれません。

MacBook Air – Apple

[via MacRumors

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。