「iOS 14」のコードから新型「iPad Pro」や「iPhone 9」に関する情報が明らかに

昨日より「iOS 14」のコードからの情報流出が相次いでますが、今度は「iOS 14」のコードから新型「iPad Pro」や「iPhone 9」などの未発表製品の情報が明らかになりました。

新型「iPad Pro」については、3眼カメラ仕様となり、ToFセンサー、広角レンズ、超広角レンズ、望遠レンズが搭載されることが確認でき、ToFセンサーは新しい拡張現実(AR)機能に使用されるものと予想されています。

次に、「iPhone 9」については、Touch IDとApple PayのExpress Transit機能に対応することが「iOS 14」のコードから分かっており、「iOS 13.4」のリリースと共に今春に発売される予定とのこと。(新型コロナウィルスのにより大きな遅延がない限り)

他にも、新型「Apple TV」に関する情報も見つかっており、新しいリモコンが用意されるようで、現時点ではその新型リモコンの具体的な詳細は不明。

さらに、「Apple TV」用の新しいワークアウトアプリも開発されており、ユーザーはトレーニングやエクササイズなどのコンテンツをダウンロードし、「Apple TV」を介してトレーニングなどの指導を受けることができ、Apple Musicの統合により、ワークアウト中に音楽を聴くことがあ可能。

最後に、紛失防止タグ「AirTag」に関する情報も見つかっており、「iOS」を介して一括で設定でき、バッテリーはユーザーが交換可能であることが分かったそうです。

[via 9To5Mac

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。