日本マイクロソフト、新しい「Microsoft Edge」の自動配信を4月17日以降に延期

本日、日本マイクロソフトが、Chromiumベースの新しい「Microsoft Edge」の自動配信を4月17日以降に延期すると発表しました。

これは、国税庁より、申告所得税(及び復興特別所得税)、贈与税及び個人事業者の消費税(及び地方消費税)の申告期限・納付期限が令和2年4月16日まで延長することが発表されたことに伴うもので、Windows Updateを通じた新しい「Microsoft Edge」の配信は令和2年4月17日以降になるとのこと。

延期前の自動配信の開始日は4月1日以降と案内されていました。

なお、すぐに使用したい方は下記の公式サイトよりインストーラーがダウンロード可能です。

Microsoft Edge – Microsoft

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。