「iPhone」の生産、4~6月期まで大幅に改善されない見通し - 新型コロナの影響

新型コロナウィルスの影響で「iPhone」の生産にも影響が出ているのですが、MacRumorsによると、Apple関連情報では定評のあるアナリストのMing-Chi Kuo氏が、「iPhone」の生産は2020年第2四半期(4~6月)まで大幅に改善されないと報告していることが分かりました。

また、「iPhone」向けカメラレンズを供給するGenius Electronic Opticalからの出荷も過去1ヶ月で大幅に減少しているようで、在庫は約1ヶ月分残っいるものの、大規模な生産再開は早くても5月になる模様。

今回の件が噂されている「iPhone 9」や来秋発売予定の「iPhone 12」シリーズにどう影響するのかはまだ不透明ですが、筆者も中国絡みの仕事をしていて少なくとも3月一杯は生産状況は以前のようには戻らない可能性が高いとみています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。