Apple、新型コロナで自宅待機中の中国の従業員に「iPad」などの支援物資を送付

MacRumorsによると、米Appleが、新型コロナウィルスの影響で自宅待機中の一部の従業員に対し、「iPad」や食料などの支援物資を送付していることが分かりました。

中国では一時的に全ての直営店や事務所が閉鎖され、徐々に動き始めてはいるものの、まだ自宅待機中の従業員も多いのですが、Appleがその自宅待機中の従業員に対し支援物資を送付しています。

なお、Appleが支援物資を送付したのは温州市と湖北省で自宅待機中の従業員で、子供がオンライン学習に使用するための「iPad」に加え、マスク、消毒液、お菓子、コーヒーなどが同梱されています。

Apple、新型コロナウィルス対策で中国本土の全ての直営店やオフィスを2月9日まで閉鎖