「Google Earth」のウェブ版がFirefox・Opera・Microsoft Edgeでも利用可能に − 将来的にはSafariもサポートへ

本日、米Googleが、「Google Chrome」以外のウェブブラウザでも「Google Earth」にアクセス出来るようになったことを発表しました。

「Google Earth」は2017年より「Google Chrome」でのみ利用可能でしたが、現在は「Firefox」「Microsoft Edge」「Opera」でも利用可能となっています。

これはChrome向けの「Google Earth」をWebAssembly(Wasm)に移行することで可能になったもので、今後はAppleの「Safari」でも利用可能にするべく取り組んでいく予定であることも明らかにされています。

Google Earth Web

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。