ソフトバンク、「アメリカ放題」の内容を3月7日に改定へ − 対象機種の追加やスプリント以外のネットワークが利用可能に

本日、ソフトバンクが、米国内で米国内および日本宛ての通話やSMS、データ通信が利用し放題になるサービス「アメリカ放題」の内容を2020年3月7日に改定すると発表しました。

この改定により、従来はiPhoneおよびiPadとしていた対象機種に、全ての“ソフトバンク”の機種が追加されます。

また、通信事業者もスプリント・コーポレーション以外も対象に追加され、これにより、ネットワークを気にすることなく、快適に利用できるようになります。

さらに、サービス利用料が無料化され、申し込み不要で利用可能となります。
(改定後に利用するには使用する機種の「データローミング」の設定をONする必要あり)

ニュースリリース

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。