「iOS 14」を搭載した「iPhone」のマルチタスク画面は「iPadOS」風と切り替えが可能に?? − 脱獄の可能性も…

著名リーカーのBen Geskin氏が、91mobilesと協力し、「iOS 14」の内部ビルドがインストールされた「iPhone XS Max」の動画などを公開しており、「iOS 14」ではマルチタスク(アプリ切り替え)画面のデザインが「iPadOS」のようなデザインに変更される可能性があることが分かりました。

そのスクリーンショットが上記画像で、「iPadOS」のように各アプリがグリッド状に表示されるようになっており、上にスワイプすることでアプリを終了でき、下方向にスワイプするとアプリ名とアプリ画面の間に鍵のアイコンが表示され、この機能の意図は不明なものの、終了したくないアプリをロックすることが出来るようになるものとみられています。

同機能は「Grid Switcher(グリッドスイッチャー)」と呼ばれ、切り替え画面のUIを変更する設定も用意されているようです。

ただ、「iOS 13」や「iPhone XS Max」は既に脱獄可能となっており、脱獄による改造でも同様のデザインに変更することは可能で、Ben Geskin氏は偽物や脱獄によるものではないと何度も述べていますが、現時点で本物なのか、脱獄によるものなのかは不明で、もう少し様子を見る必要がありそうです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。