Apple、GaNを採用した65W USB-C電源アダプタを導入か

中国のIT Homeによると、AppleがGaN(窒化ガリウム)を採用したUSB-C電源アダプタを準備しているかもしれないことが分かりました。

先日、中国のXiaomiが、GaNを採用し、最大65Wの出力に対応したUSB-C電源アダプタを発表しましたが、今年、Xiaomiに続き、Huawei、Samsung、OPPO、Appleなどの複数のメーカーがGaNを採用した電源アダプタを発表するとのこと。

GaNはこれまでUSB充電器に多く採用されてきたシリコン半導体と比べると電気を通しやすく、結果として電力損失を抑えられエネルギー効率を改善できる他、発熱も少ないというメリットもあり、基板上の受動部品数を減らして小型化できるのが特徴です。

今回の情報がどこまで正しいのかは不明ですが、「MacBook Pro」向けの電源アダプタから順次採用されるのでしょうか。

[via MacRumors

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。