Appleの紛失防止タグ 「AirTag」の発売時期は今年後半か

以前よりAppleは紛失防止タグ「AirTag」を準備していると噂されていますが、Apple関連の情報では定評のあるMing-Chi Kuo氏の最新の予測レポートによると、「AirTag」の発売は今年後半になる可能性があることが分かりました。

「AirTag」にはより高い精度で位置を検出するために超広帯域無線(UWB)チップが搭載されると言われていますが、上海に拠点を置くUniversal Scientific Industrialが、UWBチップを含んだ「AirTag」向けのSiP(システム・イン・パッケージ)のメインサプライヤーとなり、同社は2020年第2四半期(4〜6月)もしくは同第3四半期(7〜9月)にSiPの供給を開始する予定とのこと。

この情報が正しければ、「AirTag」の生産は早ければ2020年第2四半期、遅くとも2020年第3四半期に開始され、Appleの新規製品は発表から数カ月後に発売される傾向がある為、6月の「WWDC 2020」で発表され、今年後半に発売されるのではないかとみられています。

[via MacRumors

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。