米Apple、新型コロナウィルスの影響で1〜3月期の業績予測を下方修正へ

本日、米Appleが、新型コロナウイルスの影響を受けたことにより、現地時間1月28日に発表した1~3月期の業績予測を下方修正すると発表しました。

1〜3月期の業績予測は、当初は売上高は630億~670億ドルと発表しており、この数字にもある程度の新型コロナウイルスの影響は含まれていたものの、予想よりも影響が長引いており、下方修正を行うとのこと。

主な要因としては、iPhone製造工場の再開ペースが予想より遅れていることと、中国での直営店の閉鎖や営業時間短縮の影響で売り上げが落ちていることが挙げられています。

ただ、現時点で下方修正後の具体的な新しい予測は発表されていません。

プレスリリース

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。