Apple、北京に続き上海の一部直営店の営業を再開

Appleは新型コロナウイルスの感染拡大を受けて中国本土の全ての直営店を閉鎖していたものの、現地時間の昨日より北京市内の直営店のみ営業を再開していましたが、本日より上海にある1店舗の営業を再開したことが分かりました。

営業が再開されたのは上海にある「Apple 南京东路」で、上海市内では全部で7店舗展開されているものの残りの6店舗はまだ閉鎖されたままとなっており、全5店舗が営業再開となった北京とは異なり、より慎重な対応となっています。

なお、営業が再開された北京の5店舗と上海の1店舗は全て営業時間が18時までと短縮されています。

Apple 南京东路

[via Reuter