「macOS beta」からAMD APUに関する記述が見つかる

MacRumorsによると、「macOS 10.15.4 Catalina Beta 1」からAMD製プロセッサを搭載したMacを開発していることが予想出来るコードが見つかったことが分かりました。

これは「macOS 10.15.4 Catalina Beta 1」のMetalドライバにAMDのAPUを示す「Picasso」 「Raven」 「Renoir」 「NAVI」の記述が見つかったことから話題になっているもので、これらAMD製APUに関する記述は昨年11月にリリースされた「macOS 10.15.2 beta」から見つかっていたそうです。
(APUとはAMDのCPUに高性能なグラフィックスが統合されたプロセッサのこと)

現在、Macは全てIntel製プロセッサを搭載し、一部モデルのGPUにはAMD製のGPUを採用しているものの、単なるテストである可能性もあり、将来的に本当にMacにAMD製APUが採用されるのかは不明です。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。