「Microsoft Edge」の開発者ツールが日本語など10言語に対応

Microsoftが、「Microsoft Edge」の開発者ツールが日本語など10言語に対応したことを発表しています。

「Microsoft Edge」の開発者ツールはこれまで英語のみのサポートでしたが、今回のアップデートにより、日本語、中国語、ドイツ語、ポルトガル語、フランス語、イタリア語、韓国語、ロシア語、スペイン語などに対応しています。

各国の言語にローカライズされた開発者ツールは、「edge://flags」で「Enable localized Developer Tools」の項目を有効化(Enabled)することで利用可能になり、画面右上の「・・・」メニューにある「その他のツール」から起動可能です。