「Surface Book 3」とみられるデバイスがベンチマークソフト「3DMark」のデータベースに登場

Microsoftの「Surface Book」シリーズは2017年に現行モデルの「Surface Book 2」が発売されたまま、2年以上もモデルチェンジが行われていないのですが、MSPUによると、次期モデルの「Surface Book 3」とみられるデバイスが3Dグラフィック性能をテストするベンチマーク「3DMark」のデータベースに登場したことが分かりました。

現時点で2つのデバイスが見つかっており、そのデバイスはMicrosoft製で、プロセッサに「Intel Core i7-1065G7」、GPUに「NVIDIA GeForce GTX 1660 Ti Max-Q GPU」および「NVIDIA GeForce GTX 1650 Max-Q GPU」を搭載しています。

「Surface Book」は「Surface」シリーズの中で唯一、専用のGPU(dGPU)を搭載したモデルとなっていることから、見つかったベンチマークデータのデバイスは「Surface Book 3」ではないかとみられています。

また、今回見つかったのは「Surface Book 3」の中でもハイエンドモデルとみられており、「NVIDIA GeForce GTX 1660 Ti Max-Q GPU」を搭載しているのが15インチモデル、「NVIDIA GeForce GTX 1650 Max-Q GPU」を搭載しているのが13.5インチモデルと予想されています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。