「iPhone 8」の後継モデル、Face IDを搭載する可能性も

本日、Macお宝鑑定団Blogが、CES 2020に出展していた複数のAppleサプライヤー関係者の話しとして、「A13 Bionic」チップを採用した「iPhone 8」のアップデートモデルとしてTouch ID搭載モデルとは別に、Face ID搭載モデルも開発している可能性があると報じています。

筐体のサイズは「iPhone 7」と同等のサイズになり、リアカメラは「iPhone 8」と比べて僅かに大きくなり、LED True Toneフラッシュは「iPhone 7」と同等のサイズに戻る模様。

また、TrueDepthカメラを採用することにより、ディスプレイ上部のベゼルを狭くでき、5.4インチのディスプレイを搭載出来るとのことで、噂されている5.4インチモデルはこのモデルのことを指しているものとみられています。

4 COMMENTS

匿名

SE/9の後継機が、4.7インチ、5.4インチ
11/11Pro/11Pro Maxの後継機が、6.1インチ、6.1インチ、6.7インチ
の6種類って感じかな?

匿名

7あたりからのTouch ID感度抜群だったからポケットから取り出すまでに感圧ボタン軽く押すか、少なくとも顔に向ける前の段階でロック解除できるんよな……
あと、20代前半のラジオパーソナリティが、双子でもないのにお兄ちゃんの顔でロック解除されたwって話してて、普通に流されてたけど想像よりも精度低いなって思った。
まあどっちもおもちゃに毛が生えた機能程度に思ってるからいいけど。

現在コメントは受け付けておりません。