「iPhone 8」の後継モデル、Face IDを搭載する可能性も

本日、Macお宝鑑定団Blogが、CES 2020に出展していた複数のAppleサプライヤー関係者の話しとして、「A13 Bionic」チップを採用した「iPhone 8」のアップデートモデルとしてTouch ID搭載モデルとは別に、Face ID搭載モデルも開発している可能性があると報じています。

筐体のサイズは「iPhone 7」と同等のサイズになり、リアカメラは「iPhone 8」と比べて僅かに大きくなり、LED True Toneフラッシュは「iPhone 7」と同等のサイズに戻る模様。

また、TrueDepthカメラを採用することにより、ディスプレイ上部のベゼルを狭くでき、5.4インチのディスプレイを搭載出来るとのことで、噂されている5.4インチモデルはこのモデルのことを指しているものとみられています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。