「Windows 7」のサポート、本日で終了

本日1月14日をもって、Microsoftが「Windows 7」のサポートを終了します。

「Windows 7」は2009年10月に正式にリリースされたOSで、2015年1月13日に新機能の追加などが行われる「機能更新プログラム」と不具合や脆弱性の修正が行われる「セキュリティ更新プログラム」の両方が提供されるメインストリームサポートが終了しており、その後は「セキュリティ更新プログラム」のみの「延長サポート」が提供されてきましたが、その「延長サポート」も本日をもって終了となります。

サポート終了後もPCは利用可能なものの、「セキュリティ更新プログラム」が提供されなくなることから、新たな脆弱性が見つかっても修正されなくなる為、「Windows 7」を利用中の方は、早めに「Windows 10」への移行を検討することをオススメします。

Windows 7 のサポート終了情報 – Microsoft

スポンサーリンク